発毛を実現するために心がけたい習慣

まずは生活習慣から改善しよう

薄毛で悩んでいる人は年々増えていています。そして薄毛の年齢層も下がってきています。20代でハゲはじめると、それがストレスとなりさらに脱毛が進んでしまうかもしれません。脱毛は生活習慣を見直すことで進行が止まることもあるので、ぜひ実践してみてください。
髪の毛は夜の10時から2時の間にもっとも成長するとされているので、10時までには頭皮をきれいにして、できるだけ早く就寝することが望ましいです。髪の毛は濡れていると、頭皮の血行が悪くなるのでしっかり乾かすことが重要です。
食生活も脂っぽいものを多く食べていると、頭皮が脂っぽくなり毛穴が詰まりやすくなってしまいます。注意しましょう。髪の毛の成長には良質なたんぱく質が良いとされているので豆類の植物系タンパク質をとることもおススメです。

洗髪の方法は大丈夫?

発毛を促すにあたって見直したいのはシャンプーです。シャンプーをするときに髪に毛が多く抜けるので、正しくシャンプーできているか見直しましょう。まずは、お湯でしっかりと髪の毛の汚れを落とします。シャンプーはよく泡立てて頭皮に爪を立てないように指の腹でマッサージするように洗います。シャンプーはノンシリコンがよいとされています。シリコン入りだとシリコンが毛穴に詰まってしまうことがあり、脱毛の原因となることがあります。洗髪した後はしかっり泡が残らないように洗い流して下さい。こちらも、残っていると毛穴詰まりの原因になってしまいます。
普段している身近なことでも、見直すことで脱毛を防ぐことができます。病院や育毛剤を利用する前に実践してみてください。